トップ

オフィスで足のむくみを改善

オフィスワークで足のむくみが悩み

オフィスワークで足のむくみ

PR:足のむくみを改善するならこちら。

足のむくみが気になる女性は多いのではないでしょうか。
私はオフィスワークをするようになって3年目の26歳のOLですが、ここ1年ほど足のむくみに悩まされるようになりました。朝はそうでもありませんが、夕方になるにつれてパンプスがきつく感じて、帰宅すると足にくっきり跡が付くようになってしまいました。

オフィスワークですので歩き回っているわけではないのですが、家に帰って靴を脱ぐと見た目にもむくんでいて足に疲労感を感じます。さらに以前より足自体も太くなってしまったように見えます。足のむくみというと、立ち仕事につきものだと思っていたのですがどうやらそうではないみたいです。困った足のむくみを改善する方法がないか調べてみました。

足のむくみは、どうやら日常の習慣が影響しているようですね。オフィスワークの私の場合は動かなさすぎることが原因で、運動不足の足が血液を心臓へ送り返す力が弱まって足に水分が溜まりやすくなっているようです。更に運動不足だと足先まで血液がうまく届かなくなり、むくみだけではなく冷え性も起こることがあります。確かに季節問わず足先が冷えることがありました。

20代前半は運動不足の解消にジム通いもしていたのですが、最近は忙しくってジムを退会してしまってからは時間的にも余裕がなく、運動らしい運動もしていません。

そこでまず帰宅して入浴後に少し体を動かしてみることにしました。ストレッチをして血行が良くなったら、足の裏から順番にもみ上げてリンパへ老廃物を流すイメージでマッサージをします。テレビを観ながら片足5分程度しただけですが、翌日のむくみ方が違いました。

明らかに私の足のむくみは、運動不足から起こっているようです。でも仕事が終った後にジム通いなんて今の生活の中ではできそうにありませんので、空いた時間や仕事の合間にも出来るむくみを解消できる運動も調べてみました。

仕事中にもデスクの下でこっそり靴を脱いで、つま先やかかとを上げ下げしたり足首を動かす運動をしてみました。1回は2~3分、1日に何回かしています。運動を続けていくうちに、いつも夕方にはパンパンになっていた足が随分軽くなり、靴の跡が足にくっきり残ることもなくなりました。さらに職場で年中気になっていた足先の冷えも解消されつつあります。

それ以外にも水分や塩分を摂りすぎることもむくみの原因になるようです。ここ1年は忙しいからといって、お弁当を作る余裕もなくて昼はコンビニ、夜は外食ばかりしていました。スタミナが足りないからと夜遅くにファミレスで洋食を食べたりもしていましたね。手料理でないとやはり塩分の摂りすぎは気になります。

お弁当を忙しい朝に作るのは難しいですが、むくみ対策のランチにジャーサラダを作ってみました。むくみに良いのはカリウムを多く含む食品です。食材としては海藻類、ナッツ類、アボカド、バナナ、ほうれん草、ウリ科の野菜です。グレープフルーツやレモンなどのクエン酸も体内の老廃物を排出して、冷え性予防に効果的です。アボカドやバナナは変色してしまうのでジャーサラダに向いていませんが、海藻や葉物野菜、ナッツ類、大豆などはサラダに使いやすい食材です。

ジャーサラダは好きな瓶にドレッシングと野菜や果物を交互に詰めていくだけの簡単な料理です。入れるのは包丁で切って生で食べられる野菜や果物ばかりですので、時間のない朝でも5分程で出来てしまいます。加熱していない食材は食中毒の心配がありますので、保冷バッグに入れて会社まで持っていっています。